「○○系スクールアイドル×デート♪」でオタクの妄想を爆発させよう!のコーナー

シェアする



ついに「ラブライブ!総合マガジン」が今月からスタートしましたね!

電撃G’sマガジンが実質そんな感じだったじゃんみたいなのは置いといて、こういうちゃんとした形で独立した雑誌が生まれたのはファンとしてはやっぱりテンション上がります。

内容としてはオタクと読みたいなこれという印象を受けましたね。ここで初解禁となる情報だったり、あの漫画家さんの絵が載ってる!って部分だったり。今回が初なので情報過多だったのもあるかもしれませんが、個人的には楽しめました。

絶対にデートしたい in お台場

総合マガジンの中でもかなり気になったのが、こちらのコーナー。

「あなた」と叶える物語だからね

攻めますね~。あんまり昔の事は知らないけども、こんなモロにデート企画!っていうの過去にあったんですかね?Aqoursは確かG’sマガジンの方で一回だけやった気がするけど、あの時は全員まとめて少量コメント+投票企画だったからなぁ。

一人一人をフューチャーしていて、一枚絵や漫画も用意してるのは結構気合入った企画だなぁと思ってます。「あなた」と叶える物語だから、こうしたアプローチも積極的に行っていくのかもしれませんね。どっちかっていうとキャラコンテンツ目線で見てるぼくとしては嬉しい限りです。もっとキャラを掘り下げてくれ。

来月はA・ZU・NAの3人

そして気になる来月のメンバーは「A・ZU・NA」の3人。

いやぁ、構成メンバー的に 「A・ZU・NA」なんだよなぁって感じなぼくです。早くユニット曲が聴きたいぜ…っていうのは置いといて。

なんとも妄想しがいのあるメンバーです。王道ゆえにシチュエーションは自由自在。このデートを面白くするかつまらなくするかは妄想主の裁量次第なわけですね。

お前何様なんだ?って思ったあなた。言っておきますけど、ぼくは大学四年間で一番やってきた事が「好きなキャラとデートする妄想」ですからね??公式の供給が無いなら自分の中で作ればいいをモットーに毎日を過ごしてきた人間ですからね??ぼくが何回黒騎れいとデートしたと思ってんだ

まぁ、そういうキモ=オタク(UC.0079~)なので公式から「デートの妄想かませやオラァ!!!後から世に放つよ」って言われると嬉しいわけです。公式からの供給は神の一匙なので。

せつ菜はこういうシチュエーションで非常にポテンシャルの高いキャラ(早口)

では、優木せつ菜とのデートを前提として彼女のことを整理していきましょう。

まず、彼女自身にそういった願望(デートとか恋してみたいとか)があるのかどうか。これについては△です。こちらを参考にしてもらいたいのですが、一度かすみんのイタズラでラブレターが届いています。この時のリアクションとしては「断るけど満更でもない」という風にも見て取れるかなぁと。元々、好きな事がスクールアイドル活動なのでそれが充実してる分には他の雑念が入る余地が無いのかもしれませんね。

焦ってるとこ可愛いぞ

ただ、保健が苦手だったりとピュアな一面が強いキャラなのでアイドル活動しているという前提はあるものの「恋愛」という行為自体に何をしたらいいのかわからず、あまり触れないようにしてるのかなとも考えられます。こっちの方がオタクとしては「萌える」ってやつですね。萌えってもう死語一歩手前だよね

焦ってるとこ可愛いぞPART2

本題に移りますが、もしもいざデートするという事になった場合、根が真面目なので妥協はあまりしてこない気がしますね。服とかも結構ガッツリ気合入れてきそう。ただ、実際の相手に見てもらうまでの不安は人一倍大きそうなので褒めてあげるとめちゃくちゃ喜んでくれそうなのが可愛いですね。

そしてデート場所ですが、これはわかりやすくアニメショップやゲーセン巡りになるかなと思います。せつ菜の「好き」が集結してるのは秋葉か池袋辺りになるんでしょうかね。本人は結構食わず嫌いが無く様々なジャンルを見ているようなのでそれらを高い水準で網羅している、という意味では秋葉が適切かもしれませんね。せつ菜は恐らく最初こそ緊張しているけど、「好き」を目の当たりにすると緊張してる暇もなく相手の腕を引っぱる勢いで連れ回すんじゃないかなと。実際、オタクを語るせつ菜は結構饒舌になるみたいなのでやはり「オタクにはオタクぶつけんだよ!!」するのが一番いいんですよね。

聞いてないとこ喋り出すの、オタクですねぇ
40分ぐらいは必要ない話してそうなんだよな!

恐らく彼女がパートナーに選ぶ人への条件として、

「自分の「好き」を理解してくれるか」

「自分がしている活動に付き合ってくれるか」

この二つはあるんじゃないかと考えています。「好き」を目の前にしたオタクは中々にエネルギッシュなとこありますので、それに付き合える人というのは大前提な気がしますね。また、彼女はスクールアイドル活動が忙しいのでそこの理解がある人というのも必須だと思います。せつ菜って結構ハイスペックなとこあるので、それゆえに自分がやりたい事ガーッとやるタイプでしょうし、そこにフォローを入れてくれる人だとなおいいんではないでしょうか。

休日のスケジュールとか見てるときちんと勉強時間も取ってるし、抜け目ないんだよなぁ。

ここまで全部オタクの妄想

まぁ、こんな感じで妄想捗るなぁっていうアレな話でした。

こういう話を振られて考えるの楽しいので自分としては楽しい企画ですね!!

総合マガジンは結構手に取ってる人多そうだし、この辺で虹ヶ咲に触れる人が増えるといいなァ…!と思ったりもしてます。スクスタは来年の春ぐらいだろうから今のうちに知っとこうな(棒読み)

あと、にじよんもかなりオススメです。雰囲気すごい好きだ。とある回で彼方ちゃんをめっちゃ好きになるぞ。早く書籍化してくれ!!!!

え?現実でデートしないのかって?

ぼくは絶対そっち方面でこの国に貢献しないからな(鋼鉄の意志)